最近読んだ本

どく×あま!





拍手をぱちぱちしたいならマウスをぽちぽちっと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

D.Gray-man 第60~63話

さぼり気味を一足飛びして
さぼり過ぎだ
師走だからといって特に忙しかったわけでもなく
強いていうなら悪い意味で忙しかった
それもこれも怠惰な小生が悪いのだけども

そうこうしているうちに12月も
いや今年も残り10日をきってしまい
冬至も迎えてしまった

ということで
これからは怠けずにいこう
そうしよう

さて
今回のメインはそんなことではない
今まで滞ってきた言い訳もそこそこにして
本題へ


第60話「題名 -タイトル-」
第61話「沈む黒」
第62話「闇に堕ちた聖女」
第63話「船斑ぎ少女戻らず」

さあ豪華4本立てだ
2時間スペシャルを敢行できるぞ
DVD1本作れるではないか、すばらしい
――と喜ばしいことではないのは周知
待っている人がいたかどうかは定かではないが
遅ればせながら執り行なわせていただく

とりあえず
リナリーVSエシに決着がつき
ミランダのリカバリーも追いつかずに沈みかけた船も復活し
…………
……
ちょめ助登場!!!
CVは誰かとずっと気になって気になって眠れない
なんてことはさすがに無かったがすごい楽しみだった
けどもEDで見るまで誰か判別不能
で、結局のところは名塚佳織さん
ほうほう今年はいろんなとこで聞いた気がする
アイマス然り、もえたん然り、DTB然り……
ほんとにたくさん

脱線もそこそこに
本編ではそんなちょめ助がリナリーを助けてた
間接的に
直接助けたのはリナリーのイノセンス
装備型のイノセンスなのになぜ?と疑問符を飛ばすラビだったが
私は原作読んだときから
リナリーの髪をベリーショートにしたのはなぜ?と作者へ遠くから疑問符を飛ばしまくりだった
まあ今ではそれも良いかなと思えてきたが

あと気になったのは
正直アクションシーンをもっと頑張ってほしかった
他のアニメ観てるとそんな風に比べてしまう

しかし
62話でリナリー戦をみせて
63話でリナリー戦を基準にラビたちの様子を同時進行にしてたのは良かった
というのも
ここでの主軸はリナリーでラビたちはサブになってしまうが
後のちょめ助登場まで繋げるにはラビたちサイドの視点も不可欠だったわけだから
その辺の構成は、偉そうにいえるほど熟知しているわけではないが
巧いかなと

まあ
「おまけDグレ劇場シアター」にちょめ助出てきてアレンが本編に出なかったのは大した問題ではない(おい


次回こそはちゃんと更新しようと心に決めつつ
これにて



D.Gray‐man (8) (ジャンプ・コミックス)D.Gray‐man (8) (ジャンプ・コミックス)
(2006/07/04)
星野 桂

商品詳細を見る

←ちょめ助登場巻!!

D.Gray-man Vol.13 (13) (ジャンプコミックス) (ジャンプコミックス)D.Gray-man Vol.13 (13) (ジャンプコミックス) (ジャンプコミックス)
(2007/12/04)
星野 桂

商品詳細を見る

D.Gray-man 11D.Gray-man 11
(2007/12/05)

商品詳細を見る

〔関連商品〕
D.Gray-man 12
D.Gray-man 13 【完全生産限定版】
D.Gray-man 2nd stage 01 【完全生産限定版】


スポンサーサイト

【theme : アニメ
【genre : アニメ・コミック

D.Gray-man 第58話、第59話

第58話「アジア支部」
第59話「誓いの道」

ぐうたら野郎のおかげで豪華2本立て
もう何のためにやっているのか分からん

ということで
どういうことか分からないまま今回は大まかに
簡単にまとめ


左手を失って気も失って心臓も一部失ってしまったアレン
しかしティキに粉々にされたイノセンスが心臓の一部になりかわって復活したわけだ
目が覚めると
そこは
アジア支部
そのあとバク・チャンに会って
また戦うことを決意して
左手復活のために「発動」と連呼
きっと中の人は一生分の「発動」を叫んだことだろう

だいたいここまでが第58話
見落としがあっても2週間も前のことだから仕方なしとさせていただきたい

さて粒子化してもまだイノセンスとしての機能を失わずにいたアレンの左手
しかし左手としての機能は復活せずじまい
そこでリナリー好きがバレて蕁麻疹だらけのバクチャンから提案
このことは誰にも言うな
   ではなく
フォーとの実戦で左手を取り戻せ

復活するか否かは次回
と見せかけて保留
次回は日本に向けて出航中のリナリーたちの話
何やら敵が攻めてくる様子

ここからはいろんな意味でかなりの変化があるわけだが
とりあえず神田はまだ出てこない
生き残っている元帥2人も
このままもうでないのであれば使い捨てにはもったいないキャスト
かといってオリジナル入るのは……
どうでしょう
いろいろがんばってくださいスタッフさん
もうがんばっていると思われますが

文句をたれてすいませんと頭を床にこすりつけつつ
これにて



D.Gray-man Vol.13 (13) (ジャンプコミックス) (ジャンプコミックス)D.Gray-man Vol.13 (13) (ジャンプコミックス) (ジャンプコミックス)
(2007/12/04)
星野 桂

商品詳細を見る

D.Gray-man 11D.Gray-man 11
(2007/12/05)
小林沙苗; 伊藤静; 櫻井孝宏; 小西克幸; 置鮎龍太郎; 滝口順平; 東地宏樹

商品詳細を見る

【theme : D.Gray-man
【genre : アニメ・コミック

D.Gray-man 第57話「再会と消失」

何も狙わず更新してみたら
いつもよりカウンタが回っていることに驚きを隠せず
若干の悲しみを覚えたりする

そもそも人気ブログとは何だ?
このブログを人気者に押し上げたいのか?
いや細々とやる方が性に合っているのかもしれん


自己解決してしまったところで第57話をどうぞ

アレンは倒され連れて行かれ
そんなことも知らずにリナリーはラビと共に探そうとする
しかし
見つけたのはスーマンのイノセンスを持ったティムキャンピー

アレンの血だけが残る竹林で
ティムキャンピーの記録によってそこで何があったのかを知るリナリーとラビ

いつもより早めに後半へ

船へ戻るとアジア支部からの使者・ウォンが伝言を伝えにきていた
ウォンはもっとはっきり言った方がいい
いやリナリーが先走りすぎなのか
誰もアレンが死んだとは言っていないのにリナリーは勘違い
確かにアレンはエクソシストとしては死んだと言っても過言ではない
ラビの言うとおりイノセンスを失った時点でアレンはもうエクソシストではない
しかしリナリーはそう思っていない。もっとはっきり言ってやれ

こうなりゃ先に進むしかないが
蛆虫のごとく大量発生したAKUMAのせいで船はボロボロ
そこで新たなエクソシストの出番
お待ちかねミランダ(CV.豊口めぐみ)
見事に船を修復、もとい時間を遡って最善の状態に戻した
が、持ち前の鈍臭さと心配性の相乗効果で、
それまでのリナリーが醸し出していた絶望オーラを一掃

いざ出航のとき
最新の団服を渡され飛び跳ねるラビをよそに、
以前のミランダよりも暗いリナリー
そんな姿を見かねてラビは力説するが、
おかげでリナリーを泣かしたとみんなからは白い目で見られ
深入りするなとブックマンからは厳しい目を向けられ
勢いで割った窓ガラスのことでマホジャからは怒りの目を向けらる
いいとこなしである
いいとこは全部ミランダが持っていく
しかし、ミランダは相変わらず人を心配させるようなことをさらっと言ってしまう
「3日くらい寝てないですけど。ほほほほ……」

そんな中、ブックマンはアレンが死んでいないと言う
「時の破壊者」と予言されたアレンは千年伯爵を倒すはず
こんなところで死ぬはずはない、と

さて、ミランダ、ミランダで危うく忘れそうだったアレンのこと
実は生きていた
左腕は失われたまま

次回「アジア支部」
新キャラ続々登場の回になるだろう
たしかキャストもけっこうすごかったような気がする

「おまけDグレ劇場シアター
ミランダは変わらないさぁ
あれ
ラビって今回初めてミランダと会ったんだよな
この台詞はリナリーに言って欲しかったな

そういえば今回で7巻突入だが
このペースだとすぐ終わってしまわないか心配だ
あれか、BLEACHみたいにきりのいいとこでオリジナルに突入か?
はたまた、あと2クール程で終わってしまうか
その辺は想像するしかない



【theme : D.Gray-man
【genre : アニメ・コミック

D.Gray-man 第56話「デリート」

またしても1週間遅れのレビュー。
できれば水曜日なんぞに更新したいのだが、今のペースが習慣化しているのでもうどうにもならん。
しかし、復習云々と言うのはもうやめだ。いい加減くどい。

ということで運命の第56話。


せっかくスーマンを救出できたと思っていたが、いきなり現れたティキによってデリート――つまり、消されてましった。
ティーズ。人間を食べて増殖していく、千年公が作ったキャニバルゴーレム。
こいつを操るノアの一族のひとり、ティキ――“白い”ときにアレンと会っていた――の能力は触れたいと願うもの意外は何でも通り抜けられること。
前に心臓だけ抜き取られて死んでしまったエクソシストたちはこの能力によって殺されたのだった。
とある人物の関係者を殺して回っているティキの次の標的は、アレン。
「少年は アレン・ウォーカーか?」

後半へ。

胸騒ぎがするリナリーがアレンを必死で探す。
しかし、なかなか見つけられない。
そこで
そのころ、アレンは立つことも闘うこともできない状況で、ティキと対峙。
「デリート デリート」
セル・ロロンがそう告げ、その場にいる少年――アレンが殺すべき相手だと知るティキ。
まずはイノセンスを破壊。これはノアの一族と千年公にのみできること。
粉々にされたアレンのイノセンスは“ハート”ではないとスーマンのそれによって証明された。「スーマンのイノセンスを持って 逃げろ」
気丈にそう言うアレンにティムキャンピーが従う。
そしてアレンは、心臓に穴を開けられ……。
今回のサブタイトル「デリート」はスーマンではなく、アレンに向けられた言葉だったのか?

初Cパート。

霧の中を歩く少女――フォー。
そしてコケる。そして鼻をうつ。そしてアレンを見つける。
「あちゃぱー こりゃもう手遅れだ」

次回「消失と再会」
予告は初めてアレンではなく、リナリーがやった。
なんとも意味深な。
アジア支部の使者はリナリーたちに何を告げたのか。
気になる。

そして「D.グレ劇場シアター」はティムが主役。
アレンが見つからずおろおろ。
落ち込むティムであった。
本編とシンクロしてるなんて意外と芸が細かいんだな。


それにしても、なんか今回の作画はかなり良いように見えた。
衝撃的回だから力入れたのだろうか。
そして今回で原作の6巻終了。いよいよ7巻突入だ。
今回一番気になったのはフォーの声。
中の人は冨永み~なさん。
3代目カツオ(サザエさん)の声をやってたらしい。
アレンには悪いが、次回一番気になるのはミランダ、というよりもめぐー!!
かなり久々だ。
成長したミランダを見せてくれ。今回の作画で。



【theme : D.Gray-man
【genre : アニメ・コミック

D.Gray-man 第55話「叫び」

毎日ブログを更新している方に本気で尊敬の念を抱きたくなる。
頑張っても1週間程度しか続かないこの怠け者にその根性を叩き込んでいただきたい。

ということでまた放送から1週間経たないとレビュー(と呼べるのか?)をしないこのブログ。
不覚にも本当に復習の場と化している。いや復習できているのかすら疑問だ。
しかし、完全なる自己満足場としてはやや物足りなさもあるが、誰かが読んでくれていると考えると嬉しいではないか。
だったら毎日更新して見せろってんだ。


早くレビューしろよという苦情が出てもあれなんで――いやむしろ出てくれた方が嬉しいかもしれん――謹んで先週の55話を。

そうそう、前回はアレンの左腕が大変なことになって終わったんだった。
あれはものすごく痛そうだった。
「何かが切れる 音がした それでも僕は……」
そして倒れこむアレン。
そんなこともお構いなしに咎落ちスーマンは村へ向かう。
破壊活動を進めるスーマンには自重しろと言いたいが、その前にひとりの村の男の子が代弁のようなものをしてくれた。GJ!
「お父さん」
この言葉がスーマンに届いたのか届かなかったのか、自分の娘を思い出す。
しかし、時すでに遅しと言わんばかりに寿命が切れようとしていた。
そんな光景を目撃したヘタレアレンを見かねたティムキャンピーは怒ってアレンの耳を噛み渇をいれる。
そして再び頑張ることを決意するアレン。もうヘタレなんて呼ばせない!
痛みを堪えてスーマンの元へ。

後半へ。

命が尽きると悟ったスーマンだが、アレンは痛いの我慢して無理矢理イノセンス発動。
「何かが切れる 音がした それでも構わないと 思えたんだ」
スーマンとそのイノセンスを切り離すべく始動。
その方法はこうだ。
アレンの左腕は切り離すために使うから、残った右手に――以前スーマンに噛み砕かれた方ね。これ重要!――また噛み付いて、力いっぱい噛み付いて、これ以上砕けることはないから噛み付いて、とまでは言っていないが、そうやって引っ張り出す。
今さら多くの人を殺したことを後悔されても困るスーマンは懺悔しながら生きたいと願い、アレンの例の右手をガブリ。
やっぱり痛そうなアレンは渾身の力を込めたおかげで救出成功。
やったなアレンと褒めたいが、当のスーマンは生気が抜けて腑抜け状態に。
それでも生きていればとアレンは希望を捨てないが、その甲斐虚しくスーマンは背後から来たティキによって抹消される。
「バイバイ スーマン」
遠く離れた地でスーマンの娘は真実も知らず希望を語る。ここ泣くところ!

次回「デリート」でアレンはどうなってしまうのやら。
心臓一突きのティキの腕がどれだけ頑丈なのか気になるかもしれんが、これについてもきっと今日の18時からの放送で明らかになるだろう。

「おまけD.グレ劇場シアター
さすがにこの雰囲気で神田ネタはできないのか、今回はスーマンとジョニーの思い出話。
「またチェスしようス、、、」


こんなに長く書くつもりなかったのにやり始めると止まらない部屋の掃除並みにノリにノッてしまった。
それよりも取り掛かるまでをどうにかしたいというのに。



【theme : D.Gray-man
【genre : アニメ・コミック

D.Gray-man 第54話「終わりの夜の始まり」

もうすっかり復習のための更新になりつつあるが、本音は飽きが来たというのが正直なところかもしれん。
が、なんとか頑張ってみる。


スーマンが咎落ちのために正気を失って村を破壊しようとする。
それを食い止めようとアレンが差し出した右手にスーマンはかぶりつく。
その力は強く、アレンの右手は噛み砕かれてしまった。
スーマンの体から振り落とされてしまったアレン。
そして、村を破壊しながら体を蝕まれていくスーマン。
そんなスーマンに対してアレンは叫ぶ。
「発動最大限、開放」
イノセンスを開放させ巨大になった左手でスーマンを止めようと試みる。
そのころリナリーはコムイと連絡を取り、咎落ちになった者は助けられないと知らされる。
「スーマンは、死ぬんだ」
コムイの冷めた声は無情にリナリーに届く。

後半へ。

「咎落ちになった人間は命が尽きるまで破壊行為を続けるか、外部から殺されるかするまでは止められない。咎落ちになった人間を生きて助け出すことは不可能だ」
淡々と語るコムイ。
教団のみんなもスーマンの咎落ちを知り、兄としてではなく教団の立場としてコムイはイノセンス回収が優先であることをリナリーに告げる。
「ハート」かもしれないから。
そして新たな真実が告げられる。
スーマンが神を裏切ったということを。

格闘を続けるアレンはスーマンを説得しようと話し出す。
そして、生きたいと願うスーマンを信じ、イノセンスにさらに力を込めるアレン。
しかし、アレンのイノセンスはもう限界だった。


という、なんとも真面目な文章を書いてしまって若干疲れたわけだが。
それに何といっても暗いし湿っぽい。
いやこれは物語上どうにもならんのだが、思わずジョニーのスーマンとの思い出話を省いてしまった。
そろそろこの咎落ちにも決着がつくんだろう。
次回「叫び」でアレンはどんな方法でスーマンを救おうとするんだろうか。
原作読んでだいぶ経ってるからもう忘れてしまった。覚えているのはオチくらいだな。

「おまけD.グレ劇場シアター
今週の神田くん2。
先週と大差ない。
ずっとこのネタでいくのか?

これで復習になったのかどうかは疑問だが、自分の復習ができたから良しとしよう。



【theme : D.Gray-man
【genre : アニメ・コミック

D.Gray-man 第52話「来襲」

今週放送でも、来襲。
というつまらんギャグを言いたいわけではない。

原作6巻突入、アニメは2年目突入ということで、OPもEDも新しくなったな。原作は関係ないか。
OPを歌うグループは……すみません、存じ上げません。
EDは……ぉお!!Rie fuだ!!DARKER THAN BLACKで第1期ED歌ってたあのお方ではないか。
これからのD.Gの展開を考えるといい選曲だと思うぞ。
きっと暗くなってくるであろうから。

さあ、オリジナルはどうであれ、これから楽しみだ。
新キャラ続々登場だな、おい。ずいぶん先の話だろうけど。ちょめ助は誰がやるんだろ?

で、だ。
前回の出航から少し時間を戻して始まった今回。
スーマンたちがティキにやられるところ。
これが今回からの重要な展開に。

スーマンだけは運良く、とある人たちに助けられたはいいが、突然……
でっかくなっちゃった!!
勘違いしてはいけない、耳ではありません。
全体的に、だ。

そんなことも露知らず、アニタの船での出港準備に勤しむ面々。
そして、あまりにも久しぶりだったもんで、ハートの説明入りまーす。
と、ここから重要。
アレンの腕について。
リナリーが危惧。腕が崩れてる。
「前から思ってたんだけど、アレンくんの左腕って、少し脆いよね……」
以前見た夢が……!
EDでもちらっと流れてたが、左腕のレベルアップ(?)これからアレンと左腕の闘いになるんだよな。
そうゆう意味ではリナリーも。

さあ、気を取り直していざ、出航。
前回のEDだ。
ここで、タイトルにもあるように、大量AKUMAの来襲。
アニタもマホジャも一緒に参戦。

後半へ続く。

AKUMAの目的はさっきの、でっかくなっちゃったスーマン。
アレンもついでに連れて行かれ、それをリナリーが追っていく。
ここで、リナリーの「音枷」発動だ!
無事アレンをAKUMAの手から救ったが、そのときリナリーが目にしたスーマンの姿。そして、叫びだすリナリーだった。
「咎落ち……」

この謎は次週で。
というか、前半と後半でまとめた量がかなり違う気がするのだが。
前半詳しくし過ぎたのか、はたまた、後半簡単にし過ぎたのか。
どっちにしろ、今回はこれからの導入。
それにしても、アレンが日本に行きたくない理由はなんなんだ??

そういえば今回から「おまけD.グレ劇場シアター」が始まった。って、今回はそれだけ!?始まったって言うのかすら怪しい。
あれか、原作本にあるように、質問に答えていくのか?こっちも乞うご期待というわけか。



 

D.Gray-man 第51話「出航、東へ」

やっと……と言ってしまうのは悪いでしょうかね。
しかし、ここはあえて言わせてもらう。

やっと原作に帰ってきた!

いや、アニメオリジナルが悪かったわけではない…のですよ。
が、良かったとも言い難く……。
原作読んでしまうとどうしてもそう思ってしまう。個人的にね。
だから、アニメオリジナルのストーリーを楽しみたいとか、好きだっていう人には、あまり原作読むのをオススメできないですね。

ま、でも原作通りだと先を知ってるから逆につまらないという点も否定できないと思うこともなきにしもあらず。
今はNARUTOとかBLEACHとかに若干そんな気があり……。

今回、原作復帰といっても、ところどころオリジナルがあるのは事実だから、これからもそんな感じなんでしょう。
原作でいうところの5巻の終盤にあたる今回。
次回から6巻に入る。
きっとすぐに追いつこうと思えばすぐに追いしまうから、しかたなしといえばそこまでか。

とりあえず、2年目突入でめでたしめでたし。

アニタ登場にめでたしめでたし。

高山みなみさんでめでたしめでたし。

ああ、終わりじゃないですね。
でも区切りをつけようと思えばつけれるよね、今回。

そういえば、チャオジーが宮野真守さんというのは驚いた。
その後、ロードで清水愛さん出てきたし。
おなじみ、リナリーは伊藤静さん。
「エル・カザド」を思い出してしまった。

あと、師匠探しのとこで原作のような中国語と英語のやりとりとか観てみたかった。
アニメじゃ難しいかもしれんけど、個人的におもしろかったんでね。

さて、来週は「来襲」。
予告聞いたときは、どの「らいしゅう」か分からんかった。
いよいよ咎落ちだな。
前に出てきたあいつの話だな。



  

「D.Gray-man」DVD7巻8/1、8巻9/5発売

「D.G」DVDの7巻から初回特典として、これまでの『カラースーパージュエルケース[ブラック×ホワイト仕様]』、『クリア三方背スリーブ仕様・描き下ろしジャケット』、『スペシャルブックレット封入』のほかに、『「D.Graymanトレーディングカードゲーム・DVD限定スペシャルカード(アレンver.)」』が付くそうです。
ちなみに、8巻にもDVD限定スペシャルカードが付くそうですが、まだ誰のかは分かりません。
予想としては、神田あたりでしょうか。

DVD7巻

初回特典
【初回生産限定特典】(数量限定)
■「D.Graymanトレーディングカードゲーム・DVD限定スペシャルカード(アレンver.)」封入
■業界初!カラースーパージュエルケース[ブラック×ホワイト仕様]採用!ケースに直接ロゴをプリントしたD.Grayman専用バージョン!
■クリア三方背スリーブ仕様・描き下ろしジャケット
■ストーリー解説、美術ボード集など内容満載のスペシャルブックレット封入



DVD8巻

【初回生産限定特典】(数量限定)
■「D.Gray-manトレーディングカードゲーム・DVD限定スペシャルカード」封入
■業界初!カラースーパージュエルケース[ブラック×ホワイト仕様]採用!ケースに直接ロゴをプリントしたD.Gray-man専用バージョン!
■クリア三方背スリーブ仕様・描き下ろしジャケット
■ストーリー解説、美術ボード集など内容満載のスペシャルブックレット封入






【theme : D.Gray-man
【genre : アニメ・コミック

応援中
猫神やおよろず 神饌音盤 巻の二

真剣で私に恋しなさい!

猫神やおよろず 神饌音盤 巻の一



バンブーブレード第二期アニメ化の投票に参加おねがいします!

WLOを応援しています!



プロフィール

かまど

Author:かまど



ようこそ~

失速寸前
まんがやアニメによって支えられています
最近…どころかずーっとまんがとアニメ漬け
近頃はラノベの量も増えました
ニュースに関してはあまり有益ではないかもしれんが楽しんでいただければ感無量


現在の閲覧者数:

コミックダッシュ! kamado の所有コミック
カテゴリー
おすすめ本



ダイヤのA 11 (11) (少年マガジンコミックス)
ダイヤのA (11)
寺嶋 裕二


はやて×ブレード 8 (8) (電撃コミックス)
はやて×ブレード (8)
林家 志弦


BAMBOO BLADE 8 (ヤングガンガンコミックス)
BAMBOO BLADE (8)
土塚 理弘 五十嵐 あぐり


ちはやふる 1 (1) (Be・Loveコミックス)
ちはやふる (1)
末次 由紀


SKET DANCE 4 (4) (ジャンプコミックス)
SKET DANCE (4)
篠原 健太


ヤンキー君とメガネちゃん 8 (8) (少年マガジンコミックス)
ヤンキー君とメガネちゃん (8)
吉河 美希


とある科学の超電磁砲 2―とある魔術の禁書目録外伝 (2) (電撃コミックス)
とある科学の超電磁砲 2―とある魔術の禁書目録外伝 (2)
鎌池 和馬 冬川 基


とある飛空士への追憶 (ガガガ文庫 い) (ガガガ文庫 い 2-4)
とある飛空士への追憶
犬村 小六 森沢 晴行


ヒャッコ 3 (Flex Comix)
ヒャッコ (3)
カトウ ハルアキ


白球少女 2 (Flex Comix)
白球少女 (2)
山崎 毅宜


ブログランキング

FC2BLOGRANKING

なかのひと

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
もろもろ
ブログ内検索
.ANIMEでGO
.ANIME限定商品

マクロスF
スペシャルパッケージ版DVD
“ゼントラーディ文字”バージョン

2巻はランカ
マクロスF 1 発売中
マクロスF 2 発売中
マクロスF 3 発売中
マクロスF 4 11/21
マクロスF 5 12/19
マクロスF 6 1/23
マクロスF 7 2/20
マクロスF 8 3/24
マクロスF 9 4/24

狂乱家族日記
限定版はバラエティCD付!


壱かんめ 発売中
弐かんめ 発売中
参かんめ 発売中
四かんめ 発売中
伍かんめ 11/21

コードギアス
反逆のルルーシュ R2

特製ポストカード付!


volume01 発売中
Blu-ray DVD
volume02 発売中
Blu-ray DVD
volume03 発売中
Blu-ray DVD
volume04 11/21
Blu-ray DVD
volume05 12/19
Blu-ray DVD
volume06 2009/1/23
Blu-ray DVD
volume07 2/20
Blu-ray DVD
volume08 3/24
Blu-ray DVD
volume09 4/24
Blu-ray DVD

ナニヤラ

















訪問回数
SHOP



pictlayer
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。